茅ヶ崎の個別学習教室STUDYPARKのブログ

茅ヶ崎の個別学習塾が高校受験に関する情報をお送りします

茅ヶ崎・辻堂の塾・学習塾・個別指導 STUDY PARK茅ヶ崎校
☎ 0467-84-9683
神奈川県茅ヶ崎市共恵1-1-4 大和第一ビル3階
(受付時間:13時30分~22時00分 日曜日を除く)

受験半年前からすべきこと

こんにちは!

茅ヶ崎の個別指導塾スタディパークの水口です!

 

さて、夏期講習が始まる記事を書いてから更新が滞っていましたが、なんと本日で夏期講習がおしまいになる記事になってしまいました。。

 

今年は勉強時間をみんなで競おうということで夏休み中の勉強時間を記録していました!

まだまだ少ないですが、200時間を超えた生徒が数名いたことはとても大きな収穫でした。

 

さすがに高校生は300時間を超えて(実質35日間)、とてもたくましくなっていました。

 

本日は夏休みも終わり、テストも終わった後に、受験に向けてどのような勉強をしていくべきなのかということをお話ししたいと思います。

 

 

 

心構え-この時期に勉強ができるかどうか-

さて、具体的に何を勉強すればいいかという話の前に受験生にとっての9〜10月の重要性について知って欲しいと思います。

 

2期制の学校でいえば、この時期はちょうど前期期末テストも終わり、受験までも約180日間(半年)あります。

どうしても「まだ受験までは時間があるから大丈夫」と思ってしまいがちで、前期期末テスト後には気が抜けて勉強時間がゼロになってしまう生徒も少なくないです。

 

しかしです!!(日本語おかしいですね。笑)

 

よく考えてみましょう。

受験までは約180日間あるとはいえ、すべての時間を受験勉強に使えるわけではありません。

学校に通う時間もあれば、もちろん寝る時間やお風呂に入る時間もあるのです。

なので受験生に残された時間を実際に数字として把握していきましょう!

 

 

 

受験までに残された時間

まずは残された約180日間を平日と休日に分けましょう。

平日→約125日

休日→約55日

 

この辺りは部活をやっているかどうかなど個人差が生まれると思いますが、休日は2/14までの土日と冬休みを14日分おやすみとしてカウントしてみました。

そして多くの高校受験生をモデルとして、こんなルールを決めてみました!

 

共通

生活に必要な時間(お風呂・トイレ・歯磨き・食事など)は合計3時間かかるものとして、使える時間から3時間を差し引く

 

平日

①7:30〜17:00までは学校の時間として勉強はできないものとする

②24:00には就寝するものとして、この時間以降は勉強できないものとする

 

休日

①8:00に起床するものとする

②23:00には就寝するものとして、この時間以降は勉強できないものとする

 

 

使える時間は約1160時間!

これを適用して使える時間を算出すると・・・

 

平日→17:00〜24:00(7時間)

休日→8:00〜23:00(15時間)

 

ここから生活に必要な時間(3時間)を除くと、

平日4時間、休日12時間を勉強に使える事になります。

 

これを残り日数にかけると、

 

平日→ 125 × 4 = 500時間・・・①

休日→ 55 × 12 = 660時間・・・②

①+②=1160時間

 

つまり受験半年前からは約1160時間を勉強に使う事ができるのです!

もちろんこれは機械的に計算したものですから、勉強の休憩時間や学校説明会などの時間は考慮していません。

ですから最大で1160時間を勉強に使えるんだ、という風に思ってもらえればと思います。

 

 

 

県立高校を受験する場合は5教科の学習が必須

さらにこの1160時間を1教科に費やせるわけではありませんね?

高校受験で言えば県立高校を受験する人は5教科を勉強する必要があります。

ですから1教科分の勉強時間にすると

1160 ÷ 5 = 232時間

 

1教科につき232時間が半年前から勉強に使える時間になるのです!

 

 

 

232時間は多い?少ない?

「なんだまだまだ時間あるじゃん。」

「そんなに時間がないのか・・・。」

どう感じるかはあなた次第ですが、

何度も受験を経験している私からはっきりと言います。

 

時間がナーーーーーーーーーーーーーイ!

 

ええ、本当に時間がないんですよ。

定期テストのように教科書のせいぜい多くて2単元程度の範囲であれば、ゼロの状態からでも1教科20時間程度で成果が出る場合も多いかと思います。

 

しかし高校受験は3年間(考えようによっては9年間)の学習内容を総合して問われるものです。

ほとんどの問題が応用問題となっているので、得点アップには定期テストよりも時間がかかります。

 

例えば、数学は3年間で21単元の内容を扱います。

定期テストレベルの問題でも2単元に20時間程度の時間を要していると考えると21単元で220時間。

応用問題であることを考えるとさらに膨大な時間が必要になってきます。

 

 

なので今この時期にどれぐらい勉強することができるかということが非常に重要になってくるんですね。

 

 

「時間を大切にしよう」という心構えが大切

今まで長々とお話をしてきてしまいましたが、この半年前から大切なことは「時間を大切にしよう」という気持ちです。

 

受験に向けては迫り来る時間との戦いですが、やらなければいけないことにチャレンジしていくことは何ものにも変えがたい経験になります。

 

さあ、テストが終わった今こそもう一度気持ちを切り替えてやるべきことに取り組みましょう!

 

茅ヶ崎・辻堂の塾・学習塾・個別指導 STUDY PARK茅ヶ崎校
☎ 0467-84-9683
神奈川県茅ヶ崎市共恵1-1-4 大和第一ビル3階
(受付時間:13時30分~22時00分 日曜日を除く)